21 Foundation

21Foundationは、教育アクティビストで東京インターナショナルスクールの創設者であるパトリック・ニューエルが設立した非営利団体で、21世紀の学習者に人生を豊かにするスキルを身につけるために教育を根本的に変える必要性を伝えることを目指しています。

21:21は世界中の学校で撮影されたドキュメンタリー映画で、21世紀の学習に必要な基礎を強調し、様々なバックグラウンドのある子供達に対して力を与える学習方法の可能性を示しています。パトリックはこれまでアジア、中東、ヨーロッパ、ロシア、北米で教育環境を変える指導を行ってきました。

保護者5689438254_2db4cfd918_n

今日の大人の大部分は、カリキュラムが20世紀初めに作られた典型的なモデルに基づいていた学校で教育を受けました。このため、21世紀の学習者の現代的ニーズをはっきりと理解できておらず、質問を受け入れて好奇心を育む学校外の学習環境を作り出すことは難しいでしょう。

親は自分自身が初等教育者であると理解し、学校に子どもの教育を全て任せることはできません。

子供の起きている時間の約50%は両親と過ごし、両親は2対1または1対1の教師として子供に教育を提供することができます。親が子供と一緒に探検、発見し様々な関わりを持って行くことはとても重要です。

21世紀のスキル

rainbow_08111021世紀の教育がどのようになるか多くの議論が行われてきましたが、21世紀の課題に備えて子供たちに必要な変更を実際に行った学校や教育プログラムはほとんどありませんでした。このため、若者が教育をから受けるスキルと、成人として繁栄するために必要なスキルとの間には、大きな隔たりがあります。

21 Foundation イニシアティブ

Initiatives

21Foundationは、世界中で採用されている21世紀の学習方法とスキルを見出す非営利団体です。これらを通じ、学習者は将来の平和と人類の繁栄に貢献する、幸せで健康的な生活を送るために必要なスキルと自信を得るでしょう。

私たちのドキュメンタリー映画21:21で探究する21世紀の教育の中核要素の1つは、最も重要な教育者としての親たちへのメッセージです。

学校での過ごす時間は20%に過ぎない子供にとって、21世紀の大人としての生活のために両親が果たす役割は非常に重要です。

21Foundationは現在、子どもたちの学習支援を積極的に支援するために、両親が利用できるツールとリソースについての広範な調査プログラムを実施しています。

このプロセスを通じて、21世紀の学習方法とツールの導入が子供の教育に重要な影響を与える重要な分野を特定し、パートナー組織と協力して、学習経験をよりよいものにしていくために必要なツールと学習フレームワークを開発しています。

この活動にご興味がある場合は、お問い合わせください。

著名な教育専門家とのインタビュー

21:21の映画の中で、私たちは21世紀の学習者のニーズに関して、多くの有力な教育専門家にインタビューしました。